表札屋ドットコム STAFFブログ − 表札に関する情報を発信していきます!

エントランスのバランス

こんにちは。

今週もよろしくお願い致します。

本日はエントランスのバランスについて。

お客様より表札の大きさと取付場所についてご質問を

頂くことがあります。

まず、イラストを作成しました。ご覧ください。


表札取付のバランス説明図


◎1番はポスト口とインターホン、照明、表札のレイアウトです。

インターホンと表札を横並びにするパターンです。

ポスト口の横幅が大きいため、2つを横並びにしてバランスよく仕上げる

方法です。イラストは、表札150mm角、照明100mm角。

インターホンの高さは、131mmです。

◎2番はポスト口と照明、表札のレイアウトです。

センター合わせのレイアウトになり、一番多いように思います。

照明とポスト口の距離にもよりますが、長方形タイプの表札でも

バランスよく取付きます。

◎3番はポスト口と表札のみのレイアウトです。

こちらの表札のみサイズを200mm角にしています。

大きな外壁に取り付ける場合、200mm角でも小さく感じる場所も

あります。

サイズや取付場所など検討する場合は、広告などをサイズに切り取り

貼り付けてみると、バランスがわかります。

是非、ご検討ください。

参考にして頂けるお写真を今回もご紹介します。


能登様実例写真


表札のサイズは、148mm角になります。 品番はh−505 ブラウンタイルです。

照明、表札、ポストとセンター合わせになります。

櫛引き仕上げの中に、3点配置されています。

インターホンは少し離れた左横に設置されてました。


原様実例写真


こちらも照明、表札、ポスト口の配置です。h−903 ブラウンウッドタイプです。


藤井様実例写真


こちらは玄関横に、表札、インターホン、ポスト口の配置です。

インターホンとすこし離すことでバランスをとられています。

玄関扉とも同色仕上げで、きれいに取付いています。

h−1001SUS−nb タイプです。


当店では、サイズや素材などをご検討頂けるように

既製品として、色々なタイプを取り揃えております。

もちろん、ほとんどのタイプでサイズ変更が可能です。

是非、ご検討ください。



店長 神崎 (6月10日)

表札屋ドットコム TOPページへ