表札の取り付けをより簡単に

オリジナルの取付金具を使用して簡単に取り付けを行って頂けます。

表札屋ドットコムTOPページへ

玄関スペースにあった取付方法もご提案しております。

  
  

   当店の戸建て表札には、表札の裏面に取付金具が標準装備されています。

   内部金具を壁面へ設置し、その上に表札をビスで留めて頂きます。

   壁面への接着は、90%以上のお客様がご自身で完了されています。

   接着剤、ビス、専用ドライバーは、付属しています。

   凸凹の激しい壁や、接着剤を使用したくない場所などの場合はビス留めをして下さい。

   壁によっては、アンカーや、ドリルなどが必要な場合もございますので、

   工務店さんへご相談される事をお薦め致します。

 
表札取り付け方法その1

1、 表札の裏側です。

  接着剤、専用ドライバー、ビスが

  付属しています。

  (金具の中心に、位置決め用の

  小さい両面テープを付いています。)

  接着剤裏面に使用方法が詳しく掲載

  されていますので必ずご覧下さい。

 

  接着剤 裏面

 

表札取り付け方法その2

2、専用ドライバーでビスを緩めて、

  壁面接着用の内部金具を取り出します。

  金具の横ビスは、

  上下左右4ヶ所です。

 

 

  取付金具横ビス写真

表札取り付け方法その3

3、内部金具の取り付け位置を決めます。

  この時、鉛筆などで印をつけると便利です。

  ↓壁取り付け用ビス・・・

  接着剤のみでも強度は十分ですが、

  ビスでしっかりと取り付けが可能な場合は、

  接着剤は必要ありません。

  (凸凹の激しい壁にはお薦めです。)

 

  表札取付け用ビス

表札取り付け方法その4

4、内部金具と壁の両方に、

  接着剤を塗って、しっかり貼り付けます。

  位置決め用の両面テープは

  取り除いて下さい。

  5〜10分、手で押さえて固定します。

  接着専用ヘラ付きです。

 

  接着剤の塗り方 

表札取り付け方法その5

5、接着剤の乾燥時に、

  金具が落ちないようにテープで

  固定して下さい。

  このまま、2〜3日放置します。

 

  表札側の枠と内部金物には

  少し遊びがあります。

  接着時少し斜めに取付いた場合でも

  本体取り付け時に修正ができます。

 

  取付金具の説明写真です。

表札取り付け方法その6

6、内部金具がしっかりと固定されてる事を

  確認したら、いよいよ表札の取付です。

  左右、上下と4点ビスをドライバーで

  締め込みます。

  左右2点、上下2点でも十分固定

  できます!

 

  表札ビス留めの風景

表札取り付け方法その7

7、表札がしっかり固定されていることを

  確認。表面に付いてる保護シートをはずして、

  出来上がりです!

表札取り付け方法その8

8、取付場所の壁の材質や形状は様々です。

  その状況により接着剤をセレクトして

  お送りしております。

  ご注文時に取り付け場所の材質などの

  情報をご記入ください。

  金属の場合は2液性の接着剤を使用。

 

  2液性接着剤の写真

 

  注意 : 表札埋め込み用の凹みには、ドライバーが入らず、金具付きでは

       取り付けできませんので、ご注意下さい。

  
       ご不明な点がございましたらご相談ください。

  タイトル

 

    ・壁を完全に仕上げてから、取り付けが可能。(埋め込みは致しません)

    ・壁から9mm浮いた状態で、表札が取り付きます。シルエットが出てとても綺麗です。

    ・専用ドライバーで、壁から取外す事が出来るので、お掃除も簡単。

    ・季節によって、表札を交換して、エクステリアを楽しめます。

    ・取外しが可能なため、ご家族が増えた場合にはお名前を追加するなど再加工が出来ます。

    ・お引越しや、リフォームの際にも、表札を破壊することなく大切に長くお使い頂けます。

     転売や賃貸される場合にも、便利です。

 

 

表札屋ドットコムのTOPページへ

表札のご相談は表札屋.com STAFFまで!(C) 2014 hyousatuya.com


マンション表札のご検討中のお客様 表札屋ドットコムTOPページへ