表札屋ドットコム STAFFブログ − 表札に関する情報を発信していきます!

真鍮表札


こんにちは。

寒い毎日が続いておりますが、本日も雨の中、自転車通勤です (^o^)!

朝からご依頼頂いたデザインを作成しながら、組立て、出荷の用意をしております。

例年の1月に比べ、30%ほど出荷数が伸びております。有難うございます。

インターホンカバーのご依頼も多く、

全国のお客様と取付けに関しても打ち合わせを進めております。

お写真を頂けるお客様が多く、ご提案もスムーズに行うことができます。

是非、取付けに関しましてもご相談頂ければと思います。


大理石表札


こちら大理石(グリジオカルニコ)に文字を加工しました。

大理石は6面磨きで表面には浸透性のコーティング材を加工しております。

もちろん、屋外でも使用可能です。


真鍮製の切り文字表札

こちらは、KIRIMOJI−STYLEの表札ですが、

材質を真鍮に変え、表面にオールド仕上げを施しました。

職人さんが1つづつ手加工で表面を仕上げます。

色むらが1つのポイントです。いい感じです。


明日はもう土曜日です。

メール・FAXは休みの間も24時間受け付けております。

たくさんのご注文・デザインのご依頼をお待ちしております。


お問い合わせページへ

デザインのご依頼ページへ


店長 神崎 (2015年1月23日)

表札屋ドットコム TOPページへ



おはようございます。

昨日、大阪にも雪が積もりました。

事務所からも見える風景も雪景色に。

何十年に一度の経験をしました。


本日は真鍮表札とロートアイアンについて写真掲載致します。

当店でもOPEN当初からh−1001の真鍮表札

発売しています。表面には硫化イブシ加工を施し、独自の色合いを表現しています。

ステンレスとは違う色合いを求めるお客様から好評です。


真鍮表札h−1001の写真

写真の文字色は金粉仕上げ。人気の文字色です。

h−1001−150も真鍮表札の正方形型ですが、こちらもご覧ください。


それと、こちらは伝統のアンティーク仕上げを施した表札です。

文字を彫り込み、薬品で変色させます。

文字色は加工せず、その薬品で濃く変色したままで完成です。

表面は手作業でこすります。


真鍮表札 特注仕上げ


このムラの出し具合は職人さんのセンスです(^o^)

いい感じです。


あと、上記のような表札が大好きなお客様は切り文字も

ご検討されていることが多いのです。

当店でも規格品の発売をしておりませんでしたが、

3月15日やっと切り文字の表札を発売します。


切り文字表札 ロートアイアン風の写真です。


素材、加工方法、色合い、取付方法すべてにこだわり、

革命を起こすことでしょう(^_^.)

楽しみにお待ちください。

それでは今週もよい週末を。


仕上げや加工方法などご質問やご要望ございましたら

こちらからお問い合わせください。

お問い合わせページへ



店長 神崎 (2月15日)

表札屋ドットコム TOPページへ