表札屋ドットコム STAFFブログ − 表札に関する情報を発信していきます!

取付方法

こんにちは。

本日の大阪は快晴です。

今回は、中古住宅用の表札をご紹介します。

以前にもブログで紹介しましたが、多くのお客様がきれいなエントランスを目指し、

検討されています。

壁に穴が空いた状態や取り外した跡が汚い場合、

前の住人の表札が取付いたままなどご相談内容はさまざまです。

今回紹介します田中様のご相談は、賃貸住宅のため大屋さんの表札の上に

後日取り外せるように自分の表札を取付けたいという内容でした。

1、一時的な表札ですがかっこいいもの。

2、接着剤は使えない。

3、取り外す時も大屋さんの表札を傷つけない。

4、軽量。

5、取付け簡単。

以上の内容を検討し、ご提案しました。

こんな感じです。


中古住宅用の表札イラスト


黒い部分が大屋さんの表札です。

その上に上部をL型に曲げた表札を取り付けることを提案しました。

h−1001SUS−nwのカスタムタイプになります。

大家さんの表札から少し浮かせるように表札の裏側にアクリルを加工して

立体感を出しました。

取付けは、L型に曲がった上部裏側に両面テープを貼り付け固定します。(緑部分)

取り外す時もてこの原理を利用して簡単に取り外せます。

ご提案後すぐにご注文を頂きました。

完成品はこんな感じです。


中古住宅用の田中様表札


表札上部のL型に曲げた部分です。

ラインもまわりこんで加工しています。


中古住宅用の田中様表札2


表札裏面の写真です。

ホワイトのアクリルを加工しています。

写真左側の面積の小さいアクリルに両面テープを貼り付けて

固定します。


取付場所に合わせて最適な取付方法をご提案していきたいと思います。

諦めないでご相談ください。


ご相談・ご提案無料。 最高レベルの品質で製作致します。



お問い合わせページへ

デザインのご依頼ページへ


写真添付の場合は、

STAFF@hyousatuya.com まで。 


店長 神崎 (2016年4月15日)

表札屋ドットコム TOPページへ

こんにちは。

3月になりました。

朝晩はまだまだ冷え込みますが、もう一ヶ月もすれば桜の季節です。

今年の大阪は雪が積もることはなさそうですね。

この週末は最高気温20度の予報です。


本日はLIXILさんから発売されています機能門柱 アクシィ1型の表札について

ご紹介します。

今年に入り、機能門柱や中古住宅のエントランスへの取付方法など

お問い合わせが増えました。

このアクシィ1型もお問い合わせが多いタイプです。


佐藤様表札の実例写真


製品はh−1001SUS−nwをカスタムして製作しました。

このアクシィ1型は、取付場所にスリットがあり、そこに表札をはめ込む方法で

取り付けられます。3方隠れる部分があります。

そのスリットに隠れるサイズ分表札を大きく作る必要があります。

ご決定のイラストはこちらです。


佐藤様表札デザイン

上下右の部分に破線を入れていますが、この部分が隠れます。

それを計算してライン部分なども長めに加工します。

このような特殊な取付方法の門柱は、サイズを理解しているかいないかで

取付けた時のバランスが大きく変わります。

佐藤さんの表札も大正解です。 清々しい美しい表札に仕上がりました。

どのような取付け場所でも必ずきれいに取り付けられる方法があります。

スマホで撮影して、お写真をください。

ご提案させて頂きます。


お問い合わせページへ

デザインのご依頼ページへ


写真添付の場合は、

STAFF@hyousatuya.com まで。 


店長 神崎 (2016年3月2日)

表札屋ドットコム TOPページへ



こんにちは。

平日のブログ更新です。久しぶりです。

毎日メールやお電話でのお問い合わせを頂いておりますが、

インターホンカバーの仕様変更や門柱への取付け、サイズ変更に

関してのお問い合わせがたいへん多くなってきました。

規格品ではなく、オリジナルの要素を少し取り入れた自分だけの表札を

ご希望される方が増えているように思います。

当然だと思います。

その中でも、105mm角の表札のお問い合わせをよく頂きます。

調べてみると飯田産業さんの門柱に取り付ける表札のようです。

上下に穴が2つあり、穴の距離は85mm。

規格品はアクリルプレートのようですが、各社色々は表札を販売されています。

当店では規格品はありませんので、

「105mm角で製作できる表札はありますか?」のご質問から始まります。

ご返答はもちろん、

「ほとんどの表札でご対応させて頂きます」です!

タイルや特殊金物を使用したものはサイズ変更できませんが、

それでも、ご希望に近づけるようにオリジナルデザインでご提案をしております。

この105mm角表札で一番ポイントとなるところは取付方法です。

化粧ビスで表面から取付ける方法になるため、ビスが見える状態での

固定になります。

そのビスを利用したデザインとしては、このようになります。


105mm角 表札イラスト1


h−1001SUS−rhなどのステンレスタイプを利用して穴を加工します。

これで取付けは可能です。 (105mm×105mm)


上下に穴のないタイプもご依頼頂きます。

こんな感じです。


105mm角 表札イラスト2


当店の取付金具を利用して表札を取付けます。

門柱の穴には取り外したビスを取り付けておけば問題なしです。

3番デザインの左側の化粧ビスは取付けには関係ありません。


どうですか?

穴のあるタイプ、ないタイプ。

是非、105mm角表札−飯田産業さんモデルをご検討ください。

無料お試しデザインでご依頼頂ければ、デザインのご提案、お見積り、

ご質問にもお答えします。

よろしくお願い致します。


メール・FAXは土曜日・日曜日も24時間受け付けております。

たくさんのご依頼お待ちしております。


お問い合わせページへ

デザインのご依頼ページへ


店長 神崎 (2015年4月16日)

表札屋ドットコム TOPページへ




こんにちは。

本日はお休みでしたが、ホームページ更新のため出社しました。

いい感じですすんでおります!

このブログでは、先日納品しました表札についてご報告致します。

最近、機能門柱に取付く表札のご質問を良く頂きます。

各エクステリアメーカーから多数の機能門柱が毎年発売されていますが、

表札の取付け場所を確保しているタイプもあれば、どこに表札を

取り付ければいいか、バランスの悪い機能門柱まで色々です。

一番スタンダードな表札は、柱部分から旗状に飛び出した金物に

合わせて製作するタイプです。

先日納品致しましたお客様は楕円の取付け場所が最初から確保されてい

ましたが、どうしても長方形のシャープな表札が取り付けたいと

ご相談があり、こちらの金物を製作しました。


機能門柱用取付け金物


ステンレス製のL型金物です。

L型に曲がった側面には、お客様からご指示頂いた位置に2箇所穴を開け、

表面には内部金物を取付けました。

このL型金具を門柱にビスで取付けて頂ければ、簡単に表札を

取付けることができます。

あとは、お好きな表札をお選び頂ければ、サイズに合わせてデザイン

致します。

表札以外でもこのような金物込みでご提案することもできます。

お困りのお客様、是非ご相談ください。

機能門柱のページへ


それと、こちらは彫り込み部分のZOOM写真です。

手書きの文字を表札に加工する際、ご要望で落款を加工しました。


表札に加工した落款の写真


いい感じです。

朱色加工しました。

手書き文字の表札をご検討のお客様は参考にされてください。

 お問合せページへ


店長 神崎 (10月28日)


表札屋ドットコム TOPページへ







こんにちは。

本日も秋晴れ。気持ちいい朝でした。

最近、朝早くから作業をしております。

朝の落ち着いた時間に仕事をするのはいい感じです。


本日はお客様から頂きましたエントランスのお写真を紹介します。

こちらです。


エントランス写真


エントランスが写っているお写真ですが、

非常にバランスよく取付けて頂いております。

ポストの横幅のサイズ、インターホンの位置など、

検討して決定されたことがわかります。

表札サイズは150mm角です。h−708 ホワイトミックスタイプ

白文字もきれいです。

表札・ポスト・インターホンの配置も非常に重要です。

参考にされてください。

取付け位置や表札サイズなどのご相談も承ります。

ご連絡ください。 お問合せページへ


店長 神崎 (10月26日)


表札屋ドットコム TOPページへ