表札屋ドットコム STAFFブログ - 表札に関する情報を発信していきます!

タイル表札

こんばんわ。

今回は、12月限定の新製品をご紹介します。

この表札、1年以上前にサンプルを製作しましたが、イタリアの製造メーカーで廃盤となり、

販売を見送った状態になっていました。

最初に見つけた時、その質感と色合いに一目惚れでした。

日本の倉庫で在庫が見つかり、やっと皆さんにご提供できる時が来ました。 

今回サンプルで白文字タイプとつや消しの黒文字を製作。

黒文字は、かなり渋く、大正解でした!

 

タイル表札 h-501bB 限定発売 

タイル表札=モダンは、なかなか難しい取り合わせですが、

この表札はかなりのお奨め!

サイズも195mm×195mm で外壁の面積にも負けないサイズ。

年内納品全く問題ございません。新しい表札で新年を迎えてください。

もちろん、取付金具も標準装備! しかし数量限定。 是非ご検討頂きたいと思います。

タイル表札 h-501bBの専用ページはこちら!

表札屋TOPページへ

 

  

こんばんわ。

かなりご無沙汰のブログでございます。

今日は、表札屋ドットコムのオリジナル表札として販売してきました、タイル表札について

ご報告です。

ホームページでも、連絡を行っておりますが、h-501が生産中止になりました。

イタリアの工場が廃盤を発表したのが原因で、倉庫内や現場での残りなど探しましたが、

まったく在庫のない状況でした。

販売当初は、師範である私の母がお客様のお名前を筆で書き、表札に加工するという

企画から始まりました。まだ新しい試みで、ご依頼も多数頂き、たくさんのお客様にご満足頂きました。

このタイルに出会うまで、各メーカーのショールームなどに伺い、何百枚というタイルを確認しました。

今回このような生産中止になったことは、

私自身非常に残念ですが、このタイルにかわる、新しいタイルを今後展開できるように、

発掘作業を進めて行きたいと思います。

ご検討中のお客様、申し訳ございませんでした。

他の商品でご検討頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

h-503も在庫が無くなり次第、販売中止です。こちらもお早めにお願いします。

新しいタイルが見つかりましたら、すぐに販売を開始致します。

今後ともよろしくお願い致します。

TOPページへ





こんばんわ。

本日は、タイル表札について掲載します。

表札屋ドットコムでは、厳選した海外のタイルを使用し、表札を製作しています。

h-501h-501sh-503です。

すべて裏面には取付金具が取付きます。

では、どのようにしてタイルに取付金具を加工しているか? 

この写真が答えです!


タイル表札 h-503

 

まず補強の為、ステンレスプレートを1枚、タイル裏面に接着加工を行います。

その後、ステンレスプレートに取付金具を接着します。

タイルは弱い素材になりますので、この加工で強度がUP!

取付金具もしっかり取付きます。 

それと、最近では取付金具の壁側に取付けます内部金物に溝の加工を行っています。

少し前のロットからこのように改良されています。

接着剤がしっかりと馴染むように型を作り直し、製作しております。

小さいことですが、効果は大きく違います。

 

表札屋ドットコム TOPページへ

 

 

 

  h-501 タイル表札 岡本様モデル   

 

h-501 タイル表札 岡本様モデルです。 (6月25日出荷)

サイズは、 たて195mm×横195mm。 文字色は、つやなし墨です。

書印は、今回なしで製作しましたが、ご希望によりステンレスと真鍮からセレクト可能。

お名前の漢字は、専属書家の宏華(私の母)が担当!

英字はBOOKMAN、頭文字のみ大文字で製作しました。。

     

h-501 タイル表札 岡本様モデル 拡大手書きの筆文字は、やはり「やさしさ」や「暖かさ」を感じますね。

英字を小さくレイアウトすれば、和風モダンに!

漢字のレイアウトも縦書きだけではなく、横書きでご希望をされる

お客様もたくさん居られます。

ステンレスや真鍮表札にも加工が可能!

筆文字を取り入れた表札を是非、ご検討ください。

h-501 ウッド表札 詳細ページへ 

2010年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

表札屋ドットコム

〒545-0037

大阪市阿倍野区帝塚山1-6-5-201

staff@hyousatuya.com